脂漏症
小さい頃から、足の裏の皮膚が赤くなることがありそのたびに薬を塗ったり、時に薬用のシャンプーを使ったりとなんとなくの皮膚のトラブルの治療はしていました。でも、気になってしかたないほどの様子でもなく・・・軽いアレルギーかな・・くらいに思っていました

それが・・ここ半年ほど後ろ足のすねをフガフガと噛む舐めるを繰り替えすようになり、段々赤みも強くなり範囲も広くなっていきました。
ここ2ヶ月ほどは、毛も薄くなりところどころに硬いなにかのかたまりのようなものも見えるようになりました
指でガリガリこするとポッロッと落ちるのですが無理にはがそうとすると血が出てしまったり。。。
背中にも小さなふけのかたまりのようなものが何箇所もあったりと。。
アトピー?なの???と不安な気持ちでいっぱいでした
普通ではないのは、明白でしたから。。皮膚の専門の先生に診てもらうことにしました
幸い車で20分ほどのところに病院がありましたので予約を取って出かけました

初診時は1時間以上の診察と説明がありました
とてもよくわかる説明でこれからの治療への希望の持てるものでした

1時間に渡る先生からの説明を簡単に書いてみます

先ず、顕微鏡(だと思います)を使ってデイビーの体をくまなく見ていただくと。。
典型的な脂漏症です。。
教科書に載せたいくらいの典型的な症状がでています
スパニエル種にとても多い症状で、病気というよりも体質といった方がいいでしょう。
ラフに言えば・・・あぶら症ということです

この体質を持つ子は多いけれど、そのすべての子の皮膚の状態が悪くなるわけではない
この子(デイビー)は、膿皮症でもありますね
悪くなる原因として考えられるのは。。
細菌の感染、年齢による免疫の低下、肥満などなどがあげられます
触診で後ろ足のリンパが腫れているのでなにか感染症を起こしている可能性があります

2週間をメドに消去法の治療を取りましょう
先ずは、抗生物質の服用と週一回の丁寧なシャンプーをすること。
しかしそれでもよくならない場合は別の原因を探る治療へと移ります

こうしてデイビーの治療が始まりました
毎週土曜日の通院が今日で3回目となりました
かゆみに関しては気にならないほどに回復しましたが・・皮膚の状態はもうひとつ。。

今日からは次に考えられる原因。。真菌に対する治療が始まります
<マラセチア菌>です。何人かの方からこの菌のことは聞いたことがありました
週一回の丁寧なシャンプーとこの真菌に効く薬の服用となります。
シャンプーは、ビルバゾイルという皮脂を取り除く効果のあるシャンプーを使います
症状に合わせたシャンプーがいろいろあるようで、自己判断はしないほうが良いようですね
がさがさした塊とかゆみに関しては改善が見られましたので・・後は。。皮膚の赤みと脂っぽさの解消があれば完了となるのです。。が。。。

早く足の赤みが引くことを祈るのみです。。。
今のデイビーの後ろ足は・・魚肉ソーセージみたいなのです~~~~ギョギョ

e0096955_1531838.jpg

寄ってみます。。これが魚肉ソーセージ。。

e0096955_15312116.jpg

               
          マラセチア菌の治療でよくなりますように☆
[PR]
by manapy5 | 2008-08-30 15:34 | 愛犬


<< 午後のお茶会☆ パニーニサンド >>