山手西洋館のクリスマスその3
ここイギリス館では・・勿論英国のクリスマスのディスプレイが施されています
イギリスのクリスマスはとっても静かで地味なのだそうです・・ね
e0096955_2340711.jpg


今年のディスプレイは、ヒバや杉などの緑の香りがいっぱいの館内
テーマの<Bay Chic Christmas>とは・・
クリスマスの基本に帰ろうという思いのBasicと港町ヨコハマのBayとそしてシックな雰囲気をかけて。。
英国特有のクリスマスジョークも交えて。。の命名だそうだそうです

このイギリス館の飾り付けをされたのは・・<神田隆先生>でして、先生から直接お聞きしましたの♪
実は・・金曜日、先生のレクチャーがイギリス館内にて開催されました
午後から夕刻までと遅い時間帯でしたが・・・
クリスマスの歴史やその意味について中身の濃いお話を聞くことができました

他館では、テーブルコーディネートの見学といった趣向ですが・・
こちらでは、シックにナチュラルに生のものをふんだんに使ったクリスマスしつらいを味わうという感じでしょうか。。

e0096955_16262358.jpg

ツリーの原点はドイツ!・・初めはりんごを飾ったそうです
子供たちが揺さぶってりんごを落としそれをもらえるという。。。クリスマスツリーという言葉はなく、<ゆさぶりの木>と言われていたようです
今で言う商店街のイベントのような位置づけだったそうですよ
e0096955_1627355.jpg

英国の家庭でよく見られる風景・・
月桂樹とホーリーと。。クリスマスにつき物のディスプレイです
e0096955_16272650.jpg

このスポードの食器いいでしょう!?
この絵柄に心をくすぐられましたの。。これも先生のセレクトです
e0096955_16295758.jpg

たくさんのネズミ達・・・遊び心も忘れてませんよ
e0096955_22353839.jpg


                ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                ベランダのアイスバーグが元気です
e0096955_2351568.jpg

                 お部屋に飾りましょう♪
e0096955_23521663.jpg




今日で今年度の英語講座が終わりました
ほっとしたような・・皆に会えないのが寂しいような。。
予習が必須の講座は・・負担が大きく、何度もやめようと思ったものです
でも・・学ぶことの喜びと一緒に学ぶお仲間との交流も心地よいのです

最後に先生を囲んでのお食事会
場所は和食の<青山かまはち>
ここは、特別素敵なお店ではありませんが・・お味は◎いえ、それ以上かも・・
お肉は一切口にしないイギリス人の先生との会食には、お店選びも大変です・・
湯葉やお豆腐も大好き。。お刺身もOKの先生には<かまはち>がぴったりなのです

青山界隈でこういうお店・・貴重です
[PR]
by manapy5 | 2007-12-15 23:39 | お出かけ&おさんぽ。


<< クリスマス フレッシュリース 山手西洋館のクリスマスその2 >>