たたむ
日々の家事の中でお洗濯ものをたたむという作業がありますが・・
どうたたむか!はそれぞれやり方があって工夫をこらす主婦の腕の見せ所でもあります(笑
タオルや肌着など収納しやすいように、または取り出しやすように、それも主婦の裁量です
私はこうたたむの~とか。。普段の会話の中にも登場するくらい日常のことであって。。
誰かに教えてもらったわけでもないのに、身についている!
親の日常を見ていて覚えてきたことです

↓これはたたむ前のバスタオル☆
  新聞と同じく広げるとすぐ飛んできます。。というか洗濯物を取り入れてるとバスタオルを要求します(笑
  これは世界共通でしょうか??
  まだ、ここで寝ていますので、デイビーがどいたら私のたたみ方で片づけますわ☆
  私は・・・半分に折ってそれから。。。。ふふ・・

e0096955_16475454.jpg
    
毎週土曜日夕方6時からのNHKBS<Cool Japan!>という番組を楽しみにみています
毎回、日本のCoolなこと、文字通りでいうとかっこいいところを紹介するという番組です
これが。。なんと!私たち日本人にとっても新しい発見だったり、日本人であることを誇れる気分になれたり。。
日本人心をくすぐるんです(笑  
   
      先週の土曜日は<たたむ>がテーマでした
      日本人の<たたむ>が、日常だけではなく・・・文化だった!これはもう新発見、驚きでした
      海外の多くの国では、洗濯物を<きちんとたたんでしまう>ということはあまり重要ではないようで・・
      アフリカのある国ではお店でさえ服をたたまずに積んだ状態で売っているのだとか。。
      また欧米では、吊るしてしまう広いクローゼットがあるのでたたむことに無頓着みたいでした
      

      日本の家は狭いですし、収納の工夫をしないと快適に暮らせませんからね
      コンパクトにたたんできちんとしまうという知恵☆ですよね

      そう言えば、着物もそう!!
      折り目ただしくきちんとたたんで仕舞うことで何枚もしまえちゃいますね・・
      着物を着るときには、着やすいように<袖たたみ>という準備をするのですが・・・
      そうすることで、無駄な動きをしなくて済むんですね
      帯も紐もほかの小物もすべて使いやすいようなたたみ方で準備するんです
      流れるような美しさで着物を着るためにです
      知恵ですね~技ですね~そして優雅ですねぇ
      これも紹介して欲しかったな~残念!




      
e0096955_173494.jpg

     
      実はこの日本人の<たたむ文化>が日本の宇宙開発に貢献していたと言うのです。。。
      <日本が世界で初めて成功した宇宙ヨット「イカロス」。太陽光を帆に受けて進む夢の宇宙船ですが、
      課題は巨大な帆をどうたたんで打ち上げ、宇宙空間でどう広げるかでした
      その開発には折り紙の技術が生かされていた>(この部分引用です)という。
      まさに!伝統文化と最先端技術の融合があったということ。。なんという驚きでしょう
      取材した外国人の方もアメイジング!と称賛していました

      海外の人にとっては、一枚の紙で立体を作る折り紙は驚きのようです
      私たちは、落花生の殻入れなどをチラシで作ったりしますよね☆Coolですかね~ふふ
 
     
      ほかにも小田原提灯の製作現場も紹介していました。。。
      小さくたたんで着物の懐に入れて旅をしたんですってよ☆
      知りませんでした!<たたむ文化>は庶民から発生したのですね

      そんな提灯をヒントにイサムノグチが作った和紙の照明は海外では大人気だそうです
      もちろん小さくたためるんですよ☆
   

       普段なにげなく暮らしている中で海外から見ればすごい!こと。。
       たくさんあるんですね
       そんな発見があり日本の良いところ再発見ができる番組は。。Cool!(笑
              夫に言ってあげました。
                  紙ごみをきちんとたたんで捨てるあなたはCool!って(笑
[PR]
by manapy5 | 2011-10-11 17:12


<< ご近所osanpo 秋晴れの3連休 >>