心配性な母のひとりごと
e0096955_14173194.jpg
一月ほど前からデイビーが足を引きずるようになっていた。何度も病院で診てもらっていたのだけど。。

良くなったりまた悪くなったり。でも元気になっていたのに。

↓の上瀬谷の広っぱでのデイビーの走り以降・・酷くなってしまった。

走ったことが原因かどうかわからないけど・・


一昨日からは元気もなく、散歩もやっと歩く状態。

一昨日またまた病院へ。(多分一番の常連患者だと思う)特に異常も見当たらない。

散歩は最低限にして様子を見ましょうということで帰宅。。

だけど・・・昨日はまったく元気もなく、おしっこと○んちのため散歩には出たものの・・・

帰宅して足を洗ったあとへなへなと腰砕けのように座り込んでしまい・・動けなくなってしまった。

痛みをこらえているようにも見えたし、横になっても息遣いも荒く・・・なかなか眠れない様子。

心配で心配で朝起きたら息してなかったらどうしよう。。なんて考えているから何度も目覚めてデイビーを確認。

よろよろと寝場所を変える姿を見てまた眠る・・


今朝は、食事の時、定位置へ来ることもせず、私が持っていくまで横になっている状態。

幸い食欲は普通通りで、ほっ☆・・・起こすと後ろ足は震え、足を引きずっていた。

さすがに今朝はカート出動で病院へ・・

先生は、いつものように体中あちこちをさわり痛みがあるのかないのかを探ってはみるものの・・・

どこを触ってもキャンという声をあげないので、痛みの場所の特定できず。

いつも思うけど。。。デイビーどうしてそんなに我慢強いの!?注射の時だって傷の処置の時だって泣いてもいいのに。



声をあげてはいけないと思っているのかな?それとも痛みではなくほかの原因なのか?

そのあたりが先生も分らずで・・・

とりあえずの検査は・・・


ヘルニアの症状の後ろ足の麻痺のようなものもなし、

熱もなし

血液検査もOK

先日取ったレントゲンも異常なし

今日のところは痛み止めの注射をしてもらい、一週間分の痛み止め&消炎症剤を処方してもらい帰宅

あ~~また薬。今も他の薬飲んでるのに。薬漬けの日々・・・・

これで痛みが取れ・・・薬がきれても普通に歩ければ良しとなるわけだけど・・・

もし痛み止めでも治らないもしくは痛みどめをやめるとまた同じ症状になると・・・次の段階へ。

CTを取り内臓からすべて検査

癌やほかの病気も考えなくてはいけない。

そうならないことを願うばかり。

デイビーの嬉しそうな顔を見るのが一番の幸せ。

つらそうな顔をみるのが一番辛いこと。

今日は母の命日。朝お線香をあげる事も忘れてしまってた。


それにしても小さな心配事っていうのは次々に現れるものだね・・

人生は問題克服の積み重ねかぁ。。。。atafuta atafutaと。

人生~楽ありゃ苦もあるさ~~♪
ここで浮かぶ音楽が水戸黄門のテーマ曲っていうのもねぇ。。。。)

昨日美容院で見た家庭画報の記事を思い出してしまったぁ。

「クレバーなペットとクレバーに暮らす」・・・家庭画報らしいタイトルだなぁ。(ちょっと批判的

デイビー、クレバーである必要はないからね・・・母もクレバーじゃないし・・

思うとおりに生きていいよ・・母はそのつど<あたふた>踏ん張るから。
 
        写真は元気なときに撮ったものです。
        さすがにデイビーがぐったりしている時にはカメラをさわる気にもなれません。
        今はソファーで眠ってます。昨夜のしんどそうな姿ではなくスヤスヤと。。。
        良くなりますように☆
[PR]
by manapy5 | 2010-04-01 16:29 | ひとりごと


<< ☆目力☆ ぼくのきもち と さくらのきもち >>