着物あれこれ
     今日のお茶のお伴は。。きな粉団子。
     大のきな粉好きな私は・・・きな粉にお砂糖を入れただけの状態で口にほうばり・・・お茶で流す。。
     そんな食べ方も大好きなのです~~~~~
     でも、今日はちゃんとお団子も作っていただきました
     お茶は、台湾の金萱茶。甘~い香りがすばらしいです☆
     添え物の枝花は、<啓翁桜>和室にちょっと大降りの枝を飾っています☆
e0096955_1665679.jpg




   来週、初釜の予定・・でした。
   でも、中止になってしまいました。先生がお怪我をされてしまって、1月はお休みになりました。
   先生の一日も早いご回復をお祈りいたします。

   初釜にそなえて・・お正月は和だんすをごそごそ見回し・・・
   何を着ようかなぁと・・あれもこれも着てみては楽しんでました。
   無地と訪問着、どちらにしようか迷い、訪問着に決めて、新しい足袋も準備したところだったのでちょっと残念です。
   
  着物をあれこれ出しては仕舞いしているとふと・・母を思い出していました。
  ほとんどの着物は両親に特に母に誂えてもらったもの。。ありがたいです。感謝です☆☆


  そしてとっても懐かしいものが出てきました
  これです。
e0096955_16192560.jpg
私が、七五三(3歳)で着た着物です。洗い張りにだして反物になっています。
将来女の子の孫ができたら・・・これであつらえてあげようかしら?若い人はいやがるかしらね・・・・

    
      娘の七五三の時には、この着物を着せました。23年前です。
e0096955_1623976.jpg




      こちらは、娘が6歳の頃のお正月。私の七五三(7歳)の時の着物を着ています。
      ちょっとオスマシしてますね・・・・私は、娘の七五三の時にもこれを着せるつもりでした。
      母にも「新しい着物はいらないわ。これを着せるから」と断っていました。。。
      がっ・・・・・
      夫の母が、<それはかわいそう>と新しい着物を作ってくれ、七五三にはそれを着せたのでした。
      (よかったような、そうでなかったような。。。)
e0096955_16254525.jpg


       私の七五三の着物に関しては、十分に着てあげましたが・・・
       問題は振袖です。
       私は結婚が早かったので、2度しか着ていません!ほんとにほんとにもったいない!です。
       娘に着て欲しかったのですが・・・・・拒否されまして。。
       もったいないとわかっていながら、娘にも振袖を誂えたのです。。涙涙です

       この柄、デザイン、色・・・どれもダサいとのたまったのです。。。。。。。。。。。。。。。。。
e0096955_1639140.jpg



        この振袖。。この先どうすればいいのでしょう・・
        このまま、たんすのなんとか?
           それとも将来の孫に期待するか・・・
              それとも・・これを着せてもらって黄泉の国へ旅立つ???? 

           昔の着物っていいんですよねぇ。
           お蚕繭も国産だった頃ですから。。。純国産シルクですよ。
           現在はほとんどが輸入繭だそうですね。。
           細い繊細な日本のシルク・・・・今では希少価値です  

               皆様は、ご自分の振袖、どうされていますか?
[PR]
by manapy5 | 2010-01-08 17:07 | 家族


<< 連休のリビング ふわふわデイビーと超えられない... >>